FX」タグアーカイブ

FX ~テクニカル編~ オシレータ

前回はFX~テクニカル編~ ダウ理論とトレンドでダウ理論とトレンドについて解説いたしましたが
今回はちらっと話題に上がったテクニカルの解説をしていきたいと思います。

 


テクニカル指標とは

まず、テクニカル指標とはについてですが、テクニカル指標にはトレンド系オシレータ系の2種類があります。
トレンド系というのは移動平均線やMACDなどですね。

まず、もっとも一般的なテクニカル指標の移動平均線について解説していきたいと思います。

 


移動平均線

移動平均線とは、Moving Average といい、設定した直近の終値の平均を算出したものです。
そして移動平均線には期間が設定されており、その期間(ローソク足の本数)分の平均が算出されて線を作っていきます。

この移動平均線は標準で搭載されているものが多いです。
どのトレーダーであっても通常は移動平均線を見ていると思って間違いございません。

標準で多く搭載されているものは、移動平均線を3本分表示しているものでしょう。
一般的な期間設定は、

5日移動平均線
25日移動平均線
75日移動平均線となります。

何か売買を仕掛けるときにも、この移動平均線を用いて戦略を立てることが多くなるでしょう。

また、これらの移動平均線の動きで、
ゴールデンクロスやデッドクロスと呼ばれる売買シグナルが発生します。

ゴールデンクロス“は株価が下落した後に短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下から上に抜ける現象をいいます。 逆に”デッドクロス“は株価が上昇した後に短期の移動平均線が、長期の移動平均線を上から下に抜ける現象をいいます。

しかし、これらのゴールデンクロスやデッドクロスは短期の売買ではあまり参考にはなりません。
使うのであれば、期間の長さは日足や週足チャートで使用することを推奨いたします。

そして、次はもう一つのトレンドフォロータイプのテクニカル指標であるMACDについて解説をいたします。

 


MACD

MACD(マックディー)とは
Moving Average Convergence Divergence(移動平均収束拡散法)の頭文字をとって命名されています。
長ったらしいので、皆さんマックディーと呼んでいらっしゃいます。

このMACDですが、かなり難しいため野村証券さんのほうから引用させていただきます。

「MACD」を活用する

(1)MACDとは?

  • 図23 株価の動きとMACDの例(週足)

トレンドフォロー系のテクニカル指標としてもう1つ、MACDを紹介しましょう。

MACDは、「Moving Average Convergence Divergence(移動平均収束拡散法)」を略したもので、平均を取る期間の違う2つの移動平均を用いた指標です。ただし、この移動平均は単純に一定期間の価格を平均したものではないというのがこの指標の大きなポイントです。

MACDに使う移動平均は指数平滑移動平均(しすうへいかついどうへいきん)と呼ばれるもの。平均を取る期間の価格のうち、新しいものほど比重が高くなるような計算をして平均を取ります。これは、新しい価格のほうがより大きな影響を与えるだろう、という考えに基づいています。

ここでは、期間の短いほうの指数平滑移動平均を短期平均、期間の長い指数平滑移動平均を長期平均といいますが、短期平均の値から長期平均の値を引いた差はMACD(またはMACDライン)と呼ばれます。これがこの指標の基本線になります。

さらに、このMACDの値を一定期間分単純平均したものをシグナル(またはMACDシグナル)と呼びます。一般的には、MACD(ライン)とシグナルの推移を別にグラフ化して、その位置関係に注目してトレンドを把握するために用いられています。(図23)

(2)MACDの売買シグナル

MACDとMACDシグナルは(図24)のような関係になります。(図24)では、「下降トレンド→底打ち→上昇トレンド→天井→下降トレンド」へ推移している時をイメージしています

図24 株価の動きとMACD、MACDシグナルのイメージ

図24 株価の動きとMACD、MACDシグナルのイメージ

(3)MACDの使い方

テクニカル指標はさまざまな使い方ができますが、ここでは一般によく取り上げられる使い方を紹介しましょう。

基本的な考え方は、MACDの値が0のラインの上、つまりプラスで、その描くグラフが右肩上がりになっている状態は「上昇トレンドが加速している」、MACDの値がプラスでも、グラフが右肩下がりになってきたら「上昇トレンドは行き詰ってきた」と解釈します。

MACDの値が0のラインの下、つまりマイナスに位置している場合は、グラフが右肩下がりになっていれば「下降トレンドが加速している」、グラフが右肩上がりになれば「下降トレンドは行き詰ってきた」という捉え方です。

上昇トレンドにある場合、その上昇スピードが鈍ってくると、MACDの上昇度合いもなだらかになり、さらには横ばいになって、下落し始めます。そうすると、それより遅れてついてきたシグナルの線をMACDの線を下に抜けるという現象が起こります。先ほどのデッド・クロスの形です。

高値圏にある時に、この「MACDとシグナルのデッド・クロス」が出たところが、売りシグナルとされます。底値圏にある場合ならその逆で、「MACDがシグナルを上に抜けるゴールデン・クロス」が買いシグナルとされます。

転載:野村証券
株・FXに今すぐ活かせる チャートの読み方・使い方 – トレンドフォロー系指標「移動平均」と「MACD」

 


オシレータ系

オシレータとはある一定期間内の相場の過熱感を測る指標です。
相場の売られすぎや、買われすぎを見るものです。
チャート分析においてはオシレータと移動平均などを組み合わせてテクニカル分析を行います。

代表的なものは

RSI
ボリンジャーバンド
スローストキャスティクス

が最もチャート分析で使われているでしょう。

また、※MT4と呼ばれるトレードソフト
※(MT4はロシアのMetaQuotes社が作成したトレードソフトで、為替の自動売買や海外口座での取引でよく使われる。)ではビルウィリアムズという項目もあったりしますが、
最初のほうは難しいので割愛させていただきます。
気になる方はリンクを参照していただければと思います。
ビルウィリアムズのオシレータ一覧

またこれらの指標は単独で使ったり、組み合わせて使ったりとしますが、
機関や設定でも変わりますし、どのように使うかはまさに十人十色といったところですし、
筆者自身はローソク足とボリンジャーバンドしか使わないため、日々分析や
試行錯誤をしていくしかないでしょう。

私個人の感想ですが、3つも4つもオシレータを使うよりも
これこそはというものを1つでも使えるようになったほうが断然勝率は上がると感じます。

なんにしてもチャート分析で最も大事なものは直近の安値や高値、
市場参加者がどこでストップロスを入れているかを常に意識しながら
トレードをしていくようにしましょう。

FXのはじめ方1 口座開設まで

前の記事でFXとはということで大まかな説明をいたしました。

ですが、口座開設をしたことがない方は、きっとどんなふうに口座を開設すればよいか
漠然としたわからないと思います。
ですので、今回の記事では具体的なFX口座の開設方法に関して書いていきます。

 

必要なもの

  1. 年齢が20歳以上であること ※20歳未満であっても既婚者の場合は成年として扱う
  2. 本人確認証 (保険証や運転免許証)
  3. マイナンバーカード
  4. ※証券会社の指定する銀行口座 (主に三菱東京UFJやみずほ銀行、三井住友銀行等のメガバンク)
    こちらは開設には必要はありませんが、取引の際に銀行口座を指定しなければいけないので
    場合によっては後でこれらの銀行口座が必要な場合もあります

基本的に必要なのはこれだけです。

あとは各証券会社のフォームに沿って打っていけば簡単に
口座を開設することができます。

 

重要

口座を作る際に特定口座というものがありますが、
こちらは税金の申告を自分でやるか、証券会社側で処理をするようにするかを選ぶのですが、
必要に応じて選んでください。

普通の会社員であれば特定口座の源泉徴収アリを選択してください。
大きい金額を入れてなおかつ自分で確定申告を行うのであれば特定口座の源泉徴収なしを選択すれば
繰り越し損失を3年間分計上できて節税ができます。
大きく利益が出るようになれば確定申告を行うようにしたほうがよろしいかと思います。

 

必要な資金

まず、FXではレバレッジを効かせることができますので
比較的大きいお金は必要ありませんが、FXで取引する通貨も最低取引単位があります。

これもまた証券会社で違うのですが、おおむね
1000通貨か10000通貨が最低取引単位であることが多いです。
最初にお試しでやるのであれば、だいたい口座に入れる金額は10万円ほどあれば十分です。

ちなみに、SBI証券等は1通貨から取引可能ですので、少額でもよいので試しにFXをなんとなく始めたい!!
という方には非常にお勧めです!

 

FXを始める前の注意

前の記事でも書きましたが、最初は大きいレバレッジを効かせないほうが賢明だと思います。
1000通貨から取引できるところであれば最小単位で取引をしてみましょう。

また、どうしても最初はお金を使わないで取引をして、慣れたころに損益が出る取引をしたいのであれば
各社デモ口座というものがあるので、そちらを試すことを強くお勧めいたします。
SBI証券の場合は1通貨からでも取引をすることができます。



また、こちらは開設方法だけの記事ですので
実際に取引するにあたってはIFD、OCO、IFDO
指値注文や逆指値注文という注文方法があります。

この注文方法がわからないと損切ができずに損失が膨らんでいってしまいますし、一日中ずーっと
相場を眺めていなければならないので、必ず覚えましょう。

そしてそれらについて理解を深めたら、いよいよ
実際のFX取引ができるようになりますよ!



FXとは

どうもこんにちは!!
杉ちゃんの負けない投資では、株式投資とFXについて主に取り扱っております。
最近では、TVや広告でも多くFXについてやっていますが、

「そもそも、FXってなんぞや??」

という方も多いのではないかと思います。

非常に簡単に説明すると、外国の通貨を売買して、利益を出すことです。
さらによ~くかみ砕くと、安い時に買って高くなったら売る!!
ということです。
そうすれば、利益が出ますよね??

どうでしょう。
少し実感わきにくいですよね??
このFXは通貨で例えるから、非常に分かりにくいんですよね。
なので、時計に置き換えて考えてみましょう。

たとえば、昔々Aさんという人がいました。
Aさんはロレックスの時計を10万円で買いました。
その5年後、その時計は限定品でプレミアがつき20万円の買い取り価格で買い取ってくれるそう。

つまり
10万円で買ったものを20面円で売るのだから、
-10万円 + 20万円= +10万円の利益
ということです。

一応、本題のドルと円で考えてみましょ~う。

1ドル100円の時にドルを100ドル買いました。
つまり100ドル × 100=10000円で
100ドルに換えたことになります。

その翌日、1ドルが110円になっていました。
そこで、先日買った100ドルを円に換えると
1ドルが110円なので、
110 × 100=11000になります。

なんと!!
ドルを安い時に買って高い時に売ったら1000円の利益が!!

すごく単純ですが、FXはこの取引を繰り返しているだけです。
一応ここまでがFXの取引の概略です。

次はFXとはどんなものか?
ということを説明してまいりたいと思います。

FXとは

「Foreign Exchange」の英略です。正式には「外国為替証拠金取引」といいます。 「外為(がいため)」の略称でも呼ばれています。 ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。
引用元 外為オンライン FXとは?より

そして、一番忘れてはならないのがFXの一番の特徴である、レバレッジです。
この、レバレッジこそが使いどころの難しい厄介者です。

レバレッジとは

FXでは、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

レバレッジとは、証拠金にかける「てこ」のようなもので、少ない資本金でも大きな取引ができるようになることを表していて、通常は、レバレッジ○○倍といった言い方をします。
レバレッジに比例して、損益も大きくなる
レバレッジをかけると、利益や損失もその分大きくなります。

たとえば、10万円の証拠金でも、10倍のレバレッジをかければ、100万円として取引ができます。レバレッジをかけなければ1万円の為替差益だったところが、10倍のレバレッジをかければ10万円の利益に膨らみます。

引用元 レバレッジとは FX初心者の入門講座

ということです。
つまり、使いどころさえ間違えなければ大きな利益を生むことも可能ということですね。
よく、「FXで破産してしまった」,「借金してまでFXにつぎ込んでしまった」
というのはこのレバレッジを聞かせて大きな取引を連続でしてしまったことが原因です。

現在、FXによる破産や借金件数が増大したことから金融庁から
規制が入り、レバレッジを大きく効かせることができなくなった背景があります。

もし、これからFXを始めようとしている人は
レバレッジを2~3倍、大きくても5倍程度で始めることをお勧めいたします。

さてさて、以上でFXについてでした!
ここまで読んでいただきありがとうございました!!
お疲れ様です!!

ここまでしっかりと時間をかけて準備して理解できたあなたなら、
FXを始めるための素質があるでしょう。

為替は世界中の経済や政治の影響であったり様々な思惑でも動きます。
この後はオシレータと呼ばれるものやチャート分析もありますので、
やればやるほどたいへん奥が深いです。

しっかりと学習を行えば利益は必ずついてくるので、
夢を持って頑張ってまいりましょう~!! (無勉強や強欲で行くと負けます)

ではでは、これからしっかりと準備をして学習を行い、
堅実に負けない投資を行っていきましょう!!!