通貨ペア」タグアーカイブ

FXのはじめ方4 通貨ペアとは

前回の記事のバックナンバーはこちら! スワップで長期投資?!

さて、FXの記事の連載も第5回を迎えました!!
今回は通貨ペアについて解説をしていきたいと思います。

 


FXの通貨ペア

FX取引をする中で、様々な通貨で売買を行っていくことになります。
一般的に最もよく使われる通貨ペアはドルと円の組み合わせである、ドル円です。
FXの表記で使われるのはUSD / JPYと表記されています。

ほかにも、ドルと円の組み合わせ以外にも、様々な通貨があります。
世界的に有名で取引量も多いものといえばやはり、ドルでしょう。
ですが、ドル以外にもFXでは様々な通貨があります。代表的なものを上げていきます。

通貨表記 呼称
USD ドル アメリカ
EUR ユーロ ヨーロッパ連合
GBP ポンド イギリス
AUD オージー オーストラリア
NZD ニュージーランドドル ニュージーランド
BRL ブラジルレアル ブラジル
HKD 香港ドル 香港
CNY 人民元 中国
CHF スイスフラン スイス

 

この表以外にも業者によっては様々な通貨を取り扱っています。
FXでは気軽にほかの国の通貨を買ってリスクヘッジや投資ができるのは大きな魅力ですね。
大手銀行で外貨預金をしようとすると、最低でも5%ほどの手数料がとられることを考えると、圧倒的に手数料がかからないので、おすすめです。

国内のメガバンクで100万ドルに両替をしたとします。
現在の為替レート110として、手数料で一円違うとしましょう。
1ドル当たり1円の損失があるので、

100万ドル × 1円 = 100万円
の1%の手数料となります。ものすごい額ですね…
対して、FX業者でれば、0.3銭のスプレッド(手数料のようなもの)の業者が多いので0.3銭で計算すると

100万ドル × 0.003 = 3000円

となり、3000円で100万ドル分の円を買えることになります。
圧倒的に手数料が安いです。

ただ、実際に外貨として使えるわけではないので性格が違いますが、
ふつうは円建てに替えると思いますので、そこは考慮しないことにしておきます。
銀行で外貨預金をするのであればFXで同じことをしたほうが良いです。

また、国内業者ですとFXで得た利益は円建てですが、海外のFX業者ですと
ドル建て口座で資産を保有することもできるので、分散投資として考えてもFXは非常に多様な魅力があるのがお分かりいただけるでしょう。

そして、一番良いのは売りと買いの両面からアプローチできること。
通常の株式の現物取引ですと株式を買うことしかできません。空売りをするには
別で信用取引(信用取引についてはこちらをご確認ください。 信用取引について)を行う必要がありますが、
投資の初心者には敷居が非常に高いです。

その点を考えても、FXには簡単に利益を出せる手段が株式取引よりも多いでしょう。

 


クロス通貨とストレート通貨

先ほどの表で各国の通貨を上げましたが、FXは
2国間の通貨で売買を行う取引です。

また、2国間の通貨の組み合わせは通貨ペアと呼ばれています。
一般によく聞く通貨ペアはドル円、ユーロ円、ポンド円などの
円が絡んでいる通貨ペアですが、こちらの通貨ペアはすべて、ドルを途中で間に介している
クロス通貨と呼ばれるものです。

なぜクロス通貨と呼ばれるかといいますと円からドル以外の通貨に換算する場合は
一度円でドルを買って、そのドルで買いたい通貨をまた買うという方法がとられています。
昔学校で基軸通貨という単語が出てきましたが、こんなところで基軸通貨が使われていたんですね~。

基軸通貨とは
世界中で輸出入の支払いや金融取引などに使われる通貨。 米国の圧倒的な経済力と軍事力を背景に、1944年の「ブレトンウッズ協定」で、米ドルが英ポンドに代わって基軸通貨になった。 当初はドルの価値を裏づけるため、ドルは金と交換できた。 その上で各国通貨はドルとの交換比率が固定された。 引用 コトバンク 

また、クロス通貨があればストレート通貨もありますが、こちらはドル円やポンドドル、
ユーロドル等のドルが絡んだ通貨です。

鋭い方はお気づきかもしれませんが、私たちはそもそも日本円で取引をしている時点で
すべての取引がクロス通貨として処理されてしまいますw
ですが、いろんなところでこのワードが出てくるので覚えておいてくださいね!!
以上で通貨ペアについての記事は終了です!お疲れさまでした!