投資」タグアーカイブ

FXとは

どうもこんにちは!!
杉ちゃんの負けない投資では、株式投資とFXについて主に取り扱っております。
最近では、TVや広告でも多くFXについてやっていますが、

「そもそも、FXってなんぞや??」

という方も多いのではないかと思います。

非常に簡単に説明すると、外国の通貨を売買して、利益を出すことです。
さらによ~くかみ砕くと、安い時に買って高くなったら売る!!
ということです。
そうすれば、利益が出ますよね??

どうでしょう。
少し実感わきにくいですよね??
このFXは通貨で例えるから、非常に分かりにくいんですよね。
なので、時計に置き換えて考えてみましょう。

たとえば、昔々Aさんという人がいました。
Aさんはロレックスの時計を10万円で買いました。
その5年後、その時計は限定品でプレミアがつき20万円の買い取り価格で買い取ってくれるそう。

つまり
10万円で買ったものを20面円で売るのだから、
-10万円 + 20万円= +10万円の利益
ということです。

一応、本題のドルと円で考えてみましょ~う。

1ドル100円の時にドルを100ドル買いました。
つまり100ドル × 100=10000円で
100ドルに換えたことになります。

その翌日、1ドルが110円になっていました。
そこで、先日買った100ドルを円に換えると
1ドルが110円なので、
110 × 100=11000になります。

なんと!!
ドルを安い時に買って高い時に売ったら1000円の利益が!!

すごく単純ですが、FXはこの取引を繰り返しているだけです。
一応ここまでがFXの取引の概略です。

次はFXとはどんなものか?
ということを説明してまいりたいと思います。

FXとは

「Foreign Exchange」の英略です。正式には「外国為替証拠金取引」といいます。 「外為(がいため)」の略称でも呼ばれています。 ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。
引用元 外為オンライン FXとは?より

そして、一番忘れてはならないのがFXの一番の特徴である、レバレッジです。
この、レバレッジこそが使いどころの難しい厄介者です。

レバレッジとは

FXでは、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金の数倍~数百倍の金額で取引できます。これをレバレッジといいます。

レバレッジとは、証拠金にかける「てこ」のようなもので、少ない資本金でも大きな取引ができるようになることを表していて、通常は、レバレッジ○○倍といった言い方をします。
レバレッジに比例して、損益も大きくなる
レバレッジをかけると、利益や損失もその分大きくなります。

たとえば、10万円の証拠金でも、10倍のレバレッジをかければ、100万円として取引ができます。レバレッジをかけなければ1万円の為替差益だったところが、10倍のレバレッジをかければ10万円の利益に膨らみます。

引用元 レバレッジとは FX初心者の入門講座

ということです。
つまり、使いどころさえ間違えなければ大きな利益を生むことも可能ということですね。
よく、「FXで破産してしまった」,「借金してまでFXにつぎ込んでしまった」
というのはこのレバレッジを聞かせて大きな取引を連続でしてしまったことが原因です。

現在、FXによる破産や借金件数が増大したことから金融庁から
規制が入り、レバレッジを大きく効かせることができなくなった背景があります。

もし、これからFXを始めようとしている人は
レバレッジを2~3倍、大きくても5倍程度で始めることをお勧めいたします。

さてさて、以上でFXについてでした!
ここまで読んでいただきありがとうございました!!
お疲れ様です!!

ここまでしっかりと時間をかけて準備して理解できたあなたなら、
FXを始めるための素質があるでしょう。

為替は世界中の経済や政治の影響であったり様々な思惑でも動きます。
この後はオシレータと呼ばれるものやチャート分析もありますので、
やればやるほどたいへん奥が深いです。

しっかりと学習を行えば利益は必ずついてくるので、
夢を持って頑張ってまいりましょう~!! (無勉強や強欲で行くと負けます)

ではでは、これからしっかりと準備をして学習を行い、
堅実に負けない投資を行っていきましょう!!!



負けない投資とは

どうもこんにちは。
負けない投資を開設いたしました、杉ちゃんです。
自分で”ちゃん付け”するのはあれなので(笑)
本名の杉山と名乗ります。

さて、本題の負けない投資についてです。
このブログ開設の最大の目的ですが、株式投資、為替、また債券での投資で負けないことです。
負けないために最も大切なこととは?
指標?テクニカル?
はたまた株式銘柄が成長産業であること?
はたまた、IPO(新規公開株)を買うこと?
はたまた、国債金利について?先物市場?

答えは、すべてが正解で不正解となります。

なぜ、すべてが正解で不正解となるのでしょうか?

なぜならば……..

株式が上がるか下がるかは各種様々な株式指標や
為替や経済状況や業界の動向との外的要因、
信用残高や持っている株の熱狂度合いによっても左右されるからです。
そして、それらの様々な指標や外的要因が複数密接に関連しあって
株式銘柄の値が上がるか下がるかをしていくことになるからです。

なので、いくら条件が良くても買うタイミングが悪ければ、
株価は株式取得時点から下がることになってしまいます。

様々なことを考えて投資をしなければならないのです。
そして、ブログでも書いている通り、

負けない投資をする上で最も重要なことは

安定して、投資資金に対して大きな含み損になることが少なく、かつ長期にわたり利益が出るのか?

ということです。
株式投資に限らず、投資とはこれに尽きると思います。

大事なことは、
勝つのではなく負けない投資をするということです。

また、私が参考にしている投資家の一人で伝説的な投資家であるバフェットも
長期にわたるバリュー投資で資産を築いた人物です。
そんなウォーレン・バフェットの言葉をリンクで紹介したいと思います。
バフェットの名言

いずれも株式投資を行うのであれば、
慎重であること、割安銘柄に投資すること、熱狂的なタイミングで買わないこと
これらの3つを非常に重要視しております。
私の投資指針も基本的にこの3つの指針をクリアしています。

では、具体的に負けない投資をするにはどのように良いのでしょうか?

そこで、次章では負けない投資について、具体的な指針を出していきたいと思います。