負けない投資 ~節約編~

どうもこんにちは!!
今回は、投資をして収益を出す中で収支のバランスをとるのに最も重要な節約についてです!
いかにどんなにお金を稼いだとしても、稼いだ額より使った額のほうが多ければ、
それはマイナスとなってしまい、何のためにお金を稼いだのかわかりません。

そこまでは行かないにしても、会社勤めで毎月の給与が決まっている場合
より多くの資金を残して投資に多くのキャッシュを回すことは投資家として
マストだと言えるでしょう!

私も今は限られた給与しか受け取っておりませんので
偉そうなことは口にはできないのですが(笑)
ですが、それでも生活レベルを小さくすることは実生活をしていく上でも重要でしょう。

まず、支出には
固定費と流動支出があります。

固定費は自動車保険や家賃、住宅ローン、
水道・ガス代・光熱費・携帯料金等…
毎月定期的に発生する費用です。

流動費とは飲み会や、服やカバンを買ったり
靴やパソコンを買ったりした時にかかる費用です。
そのときにしかお金は発生しませんが、ローンなどにすると別なので注意です!

そして、我々投資家が最も憎むべきw支出こそが
固定費です。

かの長期投資家、バフェットや
金持ち父さん貧乏父さんでおなじみのロバートキヨサキも
固定費を異常なほど嫌います。

なぜ嫌うのかというと、前述の通り毎月固定的に発生する費用だからです。
バフェットが60年前に約3万ドル(320万円程度)の家に住んでいるそうです。
バフェット氏の資産総額は7兆円近いですから、信じられないですね~。
これほどまでとは言わないものの、どれぐらい固定費を削ることが将来の資産にプラスに働くのか
複利の計算で試してみましょう!!

まず、例に出すのは毎月かかるタバコ代を
世界の株式市場の平均、7%で複利で積立で転がしてみましょう。
ちなみに、期間は20歳から65歳の45年間で計算をします。

1日でタバコ一箱消費すると仮定して
30日 × 440 = 13200 【一ヶ月】
これを毎月年利7%で運用し積み立てていいくと最終的にいくらになるか想像がつくでしょうか。

きっと驚くべき金額になりますよ。ベンツが買えるとかいうレベルを超えますよ~
気になる金額ですが、こちら!!

じゃじゃん!!!

 

 

経過年数 積立,元金 利息 繰入後元金
1年目 158,400 6,006 一年目なので発生せず
10年目 1,584,000 687,640 2,127,630
20年目 3,168,000 3,571,788 6,303,618
30年目 4,752,000 10,777,678 14,518,450
40年目 6,336,000 26,484,504 30,678,126
45年目 7,128,000 39,849,870 43,909,308

はい、この通りになりました。
よく、たばこやめてたら~…なんて会話を耳にしますがそれを積立投資にすると
恐ろしい金額に化けます。

 

なんと、712万円は、4300万円になりました。

最終的に元金の700万円は利息込みで6倍程度まで跳ね上がります。
一月1万3千円程度であれば、おそらく大抵の方は
積立ができると思います。

これからお子さんが生まれるような方は、
うまく投資先を見つけて資産運用を行えばその子が成人になる頃には好き位なことができるぐらいのお金を
作ることができるでしょう。

このように、複利で資産を長期で運用していくと
恐ろしい金額になります。

なので、資産家は固定費を徹底的に削っていくのです。
そして、なによりも自由な生活を望むのであれば
より小さい金額で自由を埋めるような生活スタイルにしていくことが重要です。
自分の満足できる範囲で、例えば20万円あれば十分に生活ができるような方は
20万円の範囲で支出を行っていくと良いでしょう。

経済的自由とは、その金額で
あなたが自由に暮らせる金額を働かないで稼げることを指しますので
その目標額が低ければ低いほど経済的自由のハードルは低いことになります。

経済的事由を手に入れる上で重要な固定費の削減ですが、
まず最も見直しやすいのは、携帯の料金ではないでしょうか。

今も聞きますが、携帯で月に2万腹ているような方が今も
私の周りにもいますが、皆さんお金が溜まっていないようです…

なのでまず、固定費を削ることを一番大事にしてください。
その次にキャッシュポイントを大きくすることです。

近年は格安simと格安スマホが随分と幅を利かせるようになってきました。
というより、スマホゲームをバンバンやるような方やYOUTUBEを頻繁に見るような方でも
普通はwifiを使うのでそこまでデータは使わないと思います。

そして、保険や自動車等を見直して
実際の生活に見合ったものにリバランスしましょう。

そして、現在借金がある方は、先に借金の返済を行いましょう!
借金の金利は多くの場合、約14~18%である場合がほとんどでしょう。(住宅や自動車ローンはもっと低いですので、ここはあくまでクレジットカードやリボ払いを想定)

この利息14~18%という数字は
普通に長期投資をしている年利以上の金額ですので、多少無理をしてでも
返済を早めたほうが精神衛生上もよろしいかと思います。

まずはここで複利の凄さがわかったところで
固定費を徹底的に削って大きな金額を投資していきましょう。

 

最近では、MVNOという格安スマホが出てきたおかげで
以前の大手3社のプランよりもかなり有利なプランを提供する会社が出てきました。

私は、以前はSO○T BA○Kのプランでデータ通信8GBで
余計なオプションをかなり削って端末代金を払い終わっていても9000円近くかかっていましたが
UQモバイルに変えて月々の支払額が約4000円にまで減りましたし、
以前はついていなかった通話の最初5分間は無料ですので細かい通話の多かった私は通話料金がほとんどなくなりました。

それと、UQモバイルとSO○T BA○Kでは通話料金は両社ともに30秒/20円ですので
今までと変わらずに通話をすることができますので、こちらも安心ですね。

月に5000円近く浮くと、年間でも6万円近く節約できますのでだいぶ違いますよ。

しかも、UQモバイルは大手3社と通信速度もそこまで遜色もなく
どの時間帯でもネットの処理が落ちにくいので大変おすすめです。

まず携帯電話の固定費を削るだけでもかなり生活に余裕が出ると思いますので、一番手を付けやすい携帯のプラン変更を考えてみてはいかがでしょうか!



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA