FX~テクニカル編~ ダウ理論とトレンド

さて、今回からはFXのテクニカル編に参りましょう!!
といいますが、私が書けるのは基本的なものであまりにも複雑なものは
外のサイト様で非常に詳しく解説しておりますのであまりにも難しいものは割愛させていただきます(笑)

ですが、基本的なことについては手を抜かないのでご安心ください!!
まず、最初の説明として、FXや株式相場で不変のテクニカルファンダメンタルズbについて説明いたします。

 

テクニカルとファンダメンタルズ


テクニカルとファンダメンタルズ。
よくFXや株式投資をしていると出てくる言葉です。
まず、何が何だかわからないですよね。

そもそも、このファンダメンタルとテクニカルという言葉は
相場の分析に用いる2つの視点です。

 

テクニカル分析


テクニカル分析というのは、時間軸と価格の推移を視覚的に表したチャートを
様々なオシレータや手法で分析する方法です。

テクニカル

チャート

このように時間ごとの価格の推移を表にしたものがチャートと呼ばれています。
また、この表(以下チャートと呼びます)の一本一本の線はロウソク足と呼ばれるものです。
ロウソク足とは、1, 5, 15, 60分足や1, 4, 時間足、日足と呼ばれる時間軸に
値動きをまとめたものです。このロウソク足の連続や線の形にさまざまな分析のためのツールを組み合わせたものを総合的に組み合わせて、テクニカル分析を行っていきます。

 

ファンダメンタルズ分析


そして、テクニカル分析とは対をなすのがファンダメンタルズです。
ファンダメンタルズとは雇用統計や新規失業保険申請数、GDP等の
経済指標やマネタリーベース、長期金利等の様々な経済指標のことです。

実際にこれらをファンダメンタルと一言でいうと語弊がありますがそのように覚えてしまってよいでしょう。
細かく言えば、これらの要素を総合的に考えて分析したものがファンダメンタルズ分析といいます。

株式投資をしていれば、財務諸表や財務指標、売り上げ等がファンダメンタルズの要因ですね。
ですが、ここはFXの記事ですので少々割愛させていただきます。

経済指標についての細かいお話はまた別の記事にてまとめさせていただきます。
ここまでがざっくりした、テクニカルとファンダメンタルズの概要です。

次からはダウ理論についてお話をしていきたいと思います。

 

ダウ理論とトレンド


ここでいよいよ大目玉のダウ理論とトレンドについてです。
本腰を入れていきましょう。
まず、トレンドとは相場が継続的な上昇を続けていればアップトレンド
相場が継続的に下降を続けていればダウントレンドと呼びます。

そして、ダウ理論がこちらです。
ちなみに、ダウ理論とNYダウで有名な証券アナリスト、チャールズ・ダウが提唱した理論です。
かなり長いのでwikiから引用させてください(笑)

トレンドには3種類ある
ダウ理論では、価格変動の分析において市場動向(トレンド)を重視する。そのトレンドを以下の3つに分類している。
  1. 主要トレンド:1年~数年のサイクル。
  2. 二次トレンド:3週間~3ヶ月のサイクル。
  3. 小トレンド :3週間未満のサイクル。
これらのトレンドは互いに独立しているのではなく、二次トレンドは主要トレンドの調整局面であり、小トレンドは二次トレンドの調整局面として捉えられる。
主要トレンドは3段階からなる
また、主要トレンドは買い手の動向によって3つの段階からなるとしている。

  1. 先行期 :市場価格が下落し全ての悪材料は織り込み済みと判断した少数の投資家が、いわゆる”底値買い”をする時期。価格は、下落しているか底値圏で上下している。
  2. 追随期 :市場価格の上昇を見て追随者が買いを入れる時期。価格は、上昇局面にある。
  3. 利食い期:価格が充分に上昇したところを見て、先行期に買いを入れた投資家が売りに出て利益を確定する時期。価格は既にその前から上昇局面にあるものの、その上昇する値幅は小さくなっている。
平均は相互に確認されなければならない
複数の平均的指標が存在する場合、その両者に同じシグナルが見られないなら明らかにトレンドとして捉えることは出来ないと考える。もっともシグナルが同時期に出現する必要はないものの、直近においてシグナルが発生していればトレンドとして捉えるべきであり、且つ可能な限り同時期に近ければ確定的としている。
ダウが活躍した時代のアメリカでは、工業生産が盛んになると共に製品を輸送するための鉄道が整備された時期であった。工業生産の好調・不振は即座に鉄道業の経営に影響したことから、ダウが創刊した『ウォールストリート・ジャーナル』ではダウ・ジョーンズ工業平均株価と運輸株平均をチャート形式で掲載している。
トレンドは出来高でも確認されなければならない
市場の終値の変動をダウは重視するが、同様にトレンド発生の確認手段として出来高の推移も重視する。
例えば上昇局面においては値上がり時に出来高が増加し値下がり時には出来高が減少、下降局面においては逆になる。主要トレンドに従って取引する投資家が多数派であり、二次トレンドや小トレンドで利益を得ようとする投資家は少数派であると考え、それが出来高の多少に反映するとする。
トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する
現在の市場で発現しているトレンドは、明確にトレンドの転換シグナルが現れるまで継続し続けるとする。トレンドに従った売買によって多くの投資家は利益を得るのであり、トレンドに逆らった売買で利益を得るのは難しい。

ちなみにトレンドは出来高でなくても確認できなければならないとありますが、
FXでは出来高の確認は不可能なので、この場合においては無視してください。

このなかで大事なことは

トレンドは3種類ある
トレンドは3つの段階がある
トレンドは転換シグナルが出るまで継続する

この3つは非常に大事です。

ただ、ふつうの短いデイトレやスイングトレードではダウ理論では説明できないような動きがほとんどです。
なので、ここではダウ理論は、知っていなくてはならないけどあまり使えるものではないというくらいで、
おまけ程度に考えておきましょう。

とにもかくにも、長期的な相場はファンダメンタルズで動くことが多いです。
ファンダメンタルズ派やテクニカルしか見ないという人もいますが、どちらも知っておいて損はないでしょう。
ちなみにFXや先物市場では、1週間以内の動きであれば、市場参加者の投機的な動きに翻弄されるので、
テクニカルのほうがやや優勢ですね。

慣れてきたころには総合的に分析できるようになってきます。
制度も少しづつですが上がっていくはずですのでめげずに学習を行っていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA