月別アーカイブ: 2017年1月

2017 1/25 相場日記

お疲れ様です。
杉山です。

本日1/25日の相場日記です。

本日は日経平均の寄り付きは300円強の上昇で始まりました。
なかなかすごい上げ方で、見ていて気持ちいいほどに上がってビックリでした。

[株式市況]
NYダウが前日に19912ドルで終わり、前日比+112ドルということを受けて
日本の株式相場も大きく上昇しました。
NYダウが20000円の大台を試そうとしています。
このまま20000ドルを超えれば日経平均の19500~19600円の壁をブレイクして一段の上昇が見込めそうです。
日経平均先物は午前中強い寄り付きで+300円越えでしたが、後場が始まる直後まで+200円ほどに下がった後、
+260で引ける形になりました。

また、日経平均先物CMEは
ドル建て19125
円建て19175で推移中です。

また、個別セクターでは33業種中30業種が上昇という大変強気な動きでした。
本日は鉄鋼、非鉄金属、機械、電気機器、輸送用機器が1.5~2%の上昇と2営業日連続で
大きく値を上げました。

[為替]
まだ現在時刻18:15現在はNY市場がオープンしておりませんがドル円は先日112.5で2度反発し
日本時間9時に113.90円からロンドン市場に向けてじりじりと下げていましたが、ロンドン市場が明けてからは
もう一度上値を試しそうな動きをしております。

まだ油断はできませんが、とりあえずトランプ氏の政策はドル高に誘導する意図があるので
慎重に行くなら高値をブレイクしてから相場に乗るのが良いかもしれません。
強気であれば、今現在の段階で様子見で仕込んでみてもよいでしょう。

また米10年債長期金利が11/12ぶりに2.487%とかなりの高値水準になっています。
こちらの長期金利の動きにドル円が追い付いていないので、今であればドルを買って上値を試すのもよいかもしれません。

ドル円は113.5エントリーで逆指値は112.50で買いでよいでしょう。

それにしても最近の電子機器の強さはすごいですね。
やはり、Iotやすべての産業でデジタルデバイスの需要がさらに増してくるので、
まだまだ電子機器は強いでしょう。
ソフトバンクGの10兆円ファンドの動きもよく見ておいたほうが良いかもしれません。



2017 1/24 相場日記

お疲れ様です。
杉山です。

本日24日は日経平均の寄りから後場にかけて徐々に値を下げて
18787円 前日比-103円でした。

33業種の個別セクターの騰落率では
銀行、エネルギー、保険、輸送用機器が
1.5~2%ほど下落。

また、為替はドル円が20:40現在113.37円。
午前中にムニューチン財務長官が
「過度に強いドル高は短期的にマイナスの可能性がある」と発言したのち、
「より強いドル高は購買力を高める」とも発言。
結果的には売りで反応したものの影響は限定的でした。

テクニカル的には、
先日相場日記にて記述した112.50からきれいに反発した形になりました。
が、反転のシグナルも出ておらず難しいところです。

全体としてですが、為替も株式市場ももみ合いで、方向感が出づらい状況。
ただ、日経平均株価は118500前後が下値目途との見方をしているアナリストも多いですが、
為替が反発のシグナルが出ずにじわじわと上値を切り下げる形になっているのでしばらくは
じり安の相場が続くと思われます。

しばらくは様子見の相場が長引きそうです。



2017 1/23 相場日記

お疲れ様です!
杉山です。

今日は金曜からの窓開け。
ドル円のほうは、113.80あたりから下落し始め
113.170でサポートされて現在113.68となっております。

また、118円からストレートに下落しており112.50まで下落して115円まで反発という流れです。

上値は重く115.40あたりに上値抵抗があります。
現在のトレンドは先述した通りダウントレンドで上値が重く115.50を超えないと、上昇は厳しいと思われます。
サポートは112.50で、1/18から1/19日にかけて大きく跳ねていますが調整の上昇のため下落要素が大きいです。

また、株式市場も日経平均株価は
18891円で、前日比-246円となりました。
また日経平均先物CME円建ては18950で日経比+59
ドル建てのほうは18995で、日経比+104

大きな好材料がないためなかなか苦戦を強いられていますが、
NYダウは大きく下げていないので、株価が下がった原因は調整売り、様子見の薄商いが原因と思われます。

下げ場こそが買い場です。
大きくじっくりと相場を見て、チャンスがあればしっかりと拾っていきましょう。



余談ですが、最近アマゾンのFire TV stickを買いました!!
音楽も聞けてアプリもできるし、映画も見れるので普通のTV番組はもうあまり見ないかもしれません。
もともとあまりテレビ見ないんですけど、さらに加速しそうです。
プライム会員なら購入しておいて損はないですよ!
5000円でこんなことができるなんで、、、、恐るべきアマゾン!!

負けない投資とは

どうもこんにちは。
負けない投資を開設いたしました、杉ちゃんです。
自分で”ちゃん付け”するのはあれなので(笑)
本名の杉山と名乗ります。

さて、本題の負けない投資についてです。
このブログ開設の最大の目的ですが、株式投資、為替、また債券での投資で負けないことです。
負けないために最も大切なこととは?
指標?テクニカル?
はたまた株式銘柄が成長産業であること?
はたまた、IPO(新規公開株)を買うこと?
はたまた、国債金利について?先物市場?

答えは、すべてが正解で不正解となります。

なぜ、すべてが正解で不正解となるのでしょうか?

なぜならば……..

株式が上がるか下がるかは各種様々な株式指標や
為替や経済状況や業界の動向との外的要因、
信用残高や持っている株の熱狂度合いによっても左右されるからです。
そして、それらの様々な指標や外的要因が複数密接に関連しあって
株式銘柄の値が上がるか下がるかをしていくことになるからです。

なので、いくら条件が良くても買うタイミングが悪ければ、
株価は株式取得時点から下がることになってしまいます。

様々なことを考えて投資をしなければならないのです。
そして、ブログでも書いている通り、

負けない投資をする上で最も重要なことは

安定して、投資資金に対して大きな含み損になることが少なく、かつ長期にわたり利益が出るのか?

ということです。
株式投資に限らず、投資とはこれに尽きると思います。

大事なことは、
勝つのではなく負けない投資をするということです。

また、私が参考にしている投資家の一人で伝説的な投資家であるバフェットも
長期にわたるバリュー投資で資産を築いた人物です。
そんなウォーレン・バフェットの言葉をリンクで紹介したいと思います。
バフェットの名言

いずれも株式投資を行うのであれば、
慎重であること、割安銘柄に投資すること、熱狂的なタイミングで買わないこと
これらの3つを非常に重要視しております。
私の投資指針も基本的にこの3つの指針をクリアしています。

では、具体的に負けない投資をするにはどのように良いのでしょうか?

そこで、次章では負けない投資について、具体的な指針を出していきたいと思います。



2017 1/20 為替と株式

こんばんは。
きょうは本業の現場仕事が長引いて更新遅れてしまいました。

さて!今日の相場のほうですが
トランプ氏就任で大きく動くと予想しましたが為替と株式は大きく動きませんでした。

日本時間21時にトランプ氏は就任いたしましたが、
株も為替も反応薄ですね。
問題は、トランプ氏がどのような発言をするかですね。
相場の勢いは来週まで持ち越しといったところでしょうか。

日経平均終値は19137円の前日比+65円
ダウは大きな動きはありませんが日経平均先物CME円建ては19270で推移しています。

今日は値上がり銘柄も値下がり銘柄もまちまちといったところでした。
また、23時現在、為替はドル円が115円。
上値抵抗は115~116円の間に。
売りも買いもどちらも決定的な材料がないので、為替市場も株式市場同様
しばらくは様子見となりそうです。

トランプ相場はむしろこれからですね。
荒れる相場は楽しみですね。相場師の血が騒いできますw